ITパスポート対策ブログ

ITパスポート対策ブログ

ITパスポート対策ブログ  >>  ITパスポートの活用事例!

ライン

ITパスポート完全攻略をご利用の皆さん、こんにちは。
今年は秋の訪れが早いようです。といいつつ、またいつ暑さがぶり返してもおかしくないと思えるような近年の気象です。体調管理に気をつけ、対応していきたいですね。

さて今回は、ITパスポートの資格がどんな企業にどのように活用されているのかというお話。
新卒採用、社内研修、大学・教育機関での活用、官公庁や自治体での昇給に関する活用などなど、その事例は多岐にわたっています。

・新卒採用の現場(エントリーシート)で当資格を重んじているのは、大塚商会、CANON、共同印刷、KDDI、NEC、パナソニック、日立、NTT系列会社、三菱総研グループ、埼玉県警察などなど。

・社員教育、社内研修に活用しているのは、朝日新聞、au損保、NTTドコモ、関西アーバン銀行、九州電力、すかいらーく、ANA、東芝ITサービス、トヨタ自動車、農林中央金庫、JR東日本、三井住友銀行、リコージャパンなどなど。

・大学で授業に導入しているのは、青森大、青山学院大、学習院大、近畿大、上智大、千葉商科大、中央大、東京情報大、東京女子大、東北福祉大、日本薬科大、明治大などなど。大学職員に向けて取得を奨励しているのは静岡大、横浜国立大。

・高専、高校で導入しているのは、国立大分工業、国立津山工業、国立弓削商船、県立水戸工業、県立坂出商業、府立京都すばる、県立千葉商業、富山第一、などなど。

・官公庁、自治体では、警視庁、埼玉県警察、金融庁、総務省、特許庁、海上自衛隊幹部候補生学校、日本年金機構、埼玉県、佐賀県、東京都、新潟県などなど。

業種を見ても多種多様ですね。ITパスポートを活用する企業は特にここ1,2年で大きく増加しています!


(2015-09-08更新)

ライン

<<来春からiパスの出題構成と試験時間が変わります!
>>コールセンター番号変更のお知らせ・ITパスポート試験の応募者が過去最高に!
ブログ一覧にもどる

(c)コンテンツアンドシステムズ